クレジットカードのおすすめの使い方をさらに

By:

クレジットカードをなくしてしまったら

クレジットカードは、失くしてしまったら大変です。
落としてしまう、盗難にあう…といったことがないように、慎重に管理をするのがおすすめです。
クレジットカードをぞんざいに扱わないようにしましょう。

それでも財布を落としてしまったなど、クレジットカードをなくしてしまうことはあるかもしれません。
万が一のために、失くしてしまったときの対処法を知っておくのがおすすめです。
あせっておろおろしているうちに、誰かに不正使用されてしまわないようにしましょう。

・クレジットカード会社に連絡
クレジットカードをなくしたときに、まず行いたいのはクレジットカード会社への連絡です。
不正使用がされないように、クレジットカードが使えないようにしてもらうのがおすすめです。
これをやらないと、誰かが広い使われてしまう可能性が高くなります。
クレジットカードがない!と気づいたら、すぐに連絡をいれるのがおすすめでしょう。

・警察に連絡
クレジットカード会社に連絡をしたら、警察に紛失届を出しておきましょう。
もしかしたら誰かが拾って、届けてくれているかもしれません。
本人確認ができれば、無事に戻ってきます。

・クレジットカードを利用停止すると…
クレジットカードを利用停止すると、もうそれ以降はその番号のクレジットカードは使えないことを知っておくのがおすすめです。
もし後から見つかったとしても、もう使うことはできないのです。
利用停止措置を取ると、クレジットカードが再発行されます。
このときの番号は。以前とは全く別の番号となっています。
注意をしたいのは、クレジットカード番号をあらかじめ登録をして支払いをしているものです。
公共料金の支払いなどは、クレジットカードの変更手続きをする必要が出てきます。
そのままにしているとクレジットカードで支払いができなく、公共料金を滞納してしまう…なんてことにもなってしまいます。
手続きには時間がかかることがありますので、早めに変更届をだしておくのがおすすめです。

・クレジットカードが見つかったら
失くしたクレジットカードが見つかっても、使用することはできません。
ゴミとして捨てるしかないでしょう。
ハサミを入れて磁気ストライプを破損させます。
名義人などの個人情報も、わからないように切り刻むのがおすすめです。
ICチップが内蔵されていれば、ハンマーでたたくなど破壊しておくのがなおおすすめです。
ゴミとして捨てても、個人情報を読み取られることなないようにしておきましょう。

おすすめのクレジットカード国際ブランド

クレジットカードは1枚だけあれば良いわけではありません。
1人何枚も持っているのが、普通ではないでしょうか。
メインのクレジットカードと、サブのクレジットカードを何枚か持つのがおすすめです。

クレジットカードを何枚か持つときに、気にして欲しいのが国際ブランドです。
国際ブランドはVISA、JCB、マスターカード、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブがあります。
持っているクレジットカード、すべてが同じ国際ブランド…というのはおすすめしません。
複数の国際ブランドをもつのがおすすめです。

・使える場面が広がる
国際ブランドが複数あると、使える場所が多くなります。
クレジットカードの加盟店は、どの国際ブランドに対応しているわけではありません。
お店によってはVISAだけだったり、JCBだけだったりすることがあるのです。
VISAしか持っていないと、JCBのみのお店ではクレジットカードをつかえないことになります。
しかしVISAだけでなくJCBも持っていれば、クレジットカード払いができますよね。
複数の国際ブランドがあると、利便性が高まるのです。

・メインにおすすめなのは?
メインのクレジットカードに、おすすめの国際ブランドはVISAです。
VISAは加盟店が多いのが、最大のメリットです。
世界中で一番加盟店が多いので、どこにいっても使える可能性が高いでしょう。
とりあえずVISAは必ずもっておくのがおすすめの国際ブランドとなります。

マスターカードも加盟店が多いのですが、VISAと被る面があります。
VISAを持っていればマスターカードはいらないか…と判断されることが多く、日本ではVISAほど発行枚数は多くありません。
しかしマスターカードもVISA同様、世界中で使いやすいクレジットカードです。

・国内におすすめなのは?
日本国内での加盟店が多いのは、JCBとなります。
JCBは日本生まれの国際ブランドということもあり、日本国内では最強のブランドと言えるでしょう。
日本のみで使用するのであれば、JCBのクレジットカードもおすすめとなります。
近年は国内シェア率もVISAに越されつつあるようですが、まだまだ日本では強いのでおすすめです。

・サブとしておすすめなのは?
マスターカードやダイナースクラブは、加盟店がそれほど多くはありません。
ステータスが高く悪いブランドではないのですが、メインのクレジットカードとしては使いにくくおすすめではないでしょう。
サブのクレジットカードとするのがおすすめです。

クレジットカードは一括払いがおすすめ

クレジットカードは、いくつかの支払い方法があります。
おすすめなのは、一括払いです。
できれば一括払いですべて支払ってしまうようにしましょう。

一括払いがおすすめなのは、手数料がかからないからです。
一括払いであれば、クレジットカードを利用した金額以外に手数料などを請求されることはありません。
無駄に出費をしなくても良く、一番お得な支払い方法なのです。
クレジットカードは一括払いしか使わない!と決めて、使用するのもおすすめです。

クレジットカードによっては、2回払いまで支払い手数料が無料の場合があります。
分割払いになると手数料が発生しますが、それは3回払いからとなるわけです。
手数料なしで支払いをしたいけれど、一括払いだと支払いができるか心配…といったようなときは、2回払いを活用するのがおすすめとなります。
2回払いであれば支払えるというケースも出てくるのではないでしょうか。

クレジットカードを利用していると、「自動リボに設定しませんか?」「後リボを使いませんか?」といった勧誘を受けることがよくあります。
今ならポイントプレゼントがあるのでぜひリボに…といわれることは多いでしょう。
リボにするとお得なのでは?と思ってしまいますが、実際はお得ではなくおすすめできません。
リボ払いの手数料は、15%~18%程度もあります。
金利が高いといわれる消費者金融からお金を借りるくらい、手数料は高くなっているのです。
クレジットカードのリボ払いは、極力使用しないのがおすすめです。

クレジットカードの中には、リボ払い専用というものもあります。
リボ払い専用クレジットカードはポイント還元率が高い、保険が付帯する、年会費が無料など、お得度が高く感じられます。
そのため発行したい人が多くなっています。
リボ払い専用クレジットカードは、おすすめの使い方があります。
それは初回で全額を支払ってしまう方法です。
リボ払い専用クレジットカードは、初回の手数料が無料のものが多くなっています。
JCB EIT DCカードジザイル、P-one Wizカードなどのリボ払い専用クレジットカードが、初回の手数料は無料となっています。
初回で全額支払いをしてしまえば、手数料が請求されることはありません。
一括払いと同じように使うことができ、しかもポイント還元率が高いなどの特典があればお得です。
リボ払い専用クレジットカードは、リボ払いをしなければおすすめと言えるでしょう。

キャッシングには頼りすぎないように

クレジットカードには、キャッシング機能があります。
少額から現金を借りることができ、あると便利です。
しかしキャッシングに、頼りすぎるのはおすすめできません。
日常的に使うのではなく、本当に必要な時だけ使うのがおすすめです。

・キャッシングがおすすめでない理由
キャッシングはタダでお金を貸してくれるわけではありません。
1日借りるだけでも、利息がかかってしまいます。
クレジットカードのキャッシング金利は100万円まで18.0%、100万円以上15.0%に設定されていることが多いです。
この数字は決して低いものではありません。
消費者金融と同等の数字となり、クレジットカードだから利息が低いということはないのです。
金利が高いと利息負担が大きくなり、返済額も高くなってしまいます。
キャッシングは便利でもお得なものではないので、頻繁に利用するのはおすすめではありません。

そしてキャッシングがあると思うと、ムダ使いをしてしまうケースも多いです。
お金がなければ我慢するところですが、キャッシングで借りればいいと思うようになってしまう危険性があるのです。

・キャッシングはなしでも良い
キャッシングを使う予定がない、キャッシングを使いすぎてしまう…。
それならクレジットカードでキャッシングをできなくするのがおすすめです。
クレジットカードを発行するときに、キャッシング枠を0円に設定しておきましょう。
すでに発行してあるクレジットカードは、クレジットカード会社に依頼をしてキャッシング枠を0円にしてもらえばOKです。
これでクレジットカードで、キャッシングをすることはできません。

・キャッシングがあると便利な場面
キャッシングは使わないのがおすすめですが、あると便利と思われる場面もあります。
海外に行くときは、クレジットカードのキャッシング枠が役立ちます。
ATMで現地通貨を借りることができるので、日本から現金をたくさん持ち込まなくても良くなります。
海外にはどのくらい現金を持って行ったら良いのか、迷うところですよね。
足りなくなればクレジットカードでキャッシングをすれば良いので便利です。

また冠婚葬祭などで、急に現金が必要になった時もキャッシングはおすすめです。
買い物ならクレジットカードのショッピング枠が使えますが、ご祝儀やご香典だとそうもいきませんよね。
どうしても現金がないと困りますので、キャッシングでちょっと借りる…のがおすすめとなるでしょう。

クレジットカードの支払いは遅れないように

クレジットカードは利用をすると、後日クレジットカード会社にその分を支払わなければなりません。
支払いがあることを、忘れないようにするのがおすすめです。
支払いが遅れるのは、デメリットしかありません。

・個人信用情報にキズがつく
クレジットカードの利用状況は、個人信用情報機関というところに記録されています。
2か月、3か月と支払いが遅れてしまうと、「支払いされていません」というマークが付いてしまいます。
個人信用情報にキズが付いた状態となってしまい、今後の金融商品の利用に影響がでてしまいます。
クレジットカードの新規入会時には、個人信用情報が開示されます。
そこにキズがあると、審査落ちすると考えて良いでしょう。
クレジットカード以外にもカードローン、自動車ローン、住宅ローンなどの契約にも影響を与えてしまいます。
金融商品の新規契約が、まったくできなくなる可能性もあると言えるでしょう。

・クレジットカード会社からの信用を失う
支払いがきっちり行われないと、クレジットカード会社からの信用を失ってしまいます。
何度も支払いが遅れるようだと、クレジットカードの利用限度額を減らされるなどの制限を受けることがあります。
ひどくなるとクレジットカードが使えなくなったり、会員資格をはく奪させることも。
また社内ブラックとなってしまい、今後そのクレジットカード会社との取引ができなくなる可能性もあります。
クレジットカードの支払は、遅れないようにするのがおすすめです。

・支払いが遅れてしまったら
クレジットカードの支払が遅れたら、クレジットカード会社から連絡が入るはずです。
その後にすぐに支払いをするのがおすすめです。
数日の遅れであれば、それほど大きな影響はないからです。
一番おすすめできないのは、クレジットカード会社からの連絡を無視することです。
督促を受けたくないので、クレジットカード会社からの電話にでない…といったことはやめましょう。
今支払えないとしても、クレジットカード会社とはいつでも連絡が付くようにしておくのがおすすめです。
いつ頃なら支払えるか、いくらまでなら支払えるかなどを、伝えておくとなお良いでしょう。
クレジットカード会社は支払う意思があるとして、大目に見てくれやすくなります。
まったく連絡が付かなくなると利用金額を踏み倒すのではないか?と思われてしまい、クレジットカード会社への信用がなくなりますので気を付けてください。