クレジットカードおすすめの使い方

By:

クレジットカードにはサインをするのがおすすめ

日常的にクレジットカードを使っていても、正しい使い方をしていないケースは意外と多いもの。
クレジットカードの使い方を間違っていると、そのうち痛い目にあうかもしれません。
クレジットカードの正しい使い方をしっておきましょう。

クレジットカードの裏面には、サインをするところがあります。
クレジットカードを手にしたら、必ずここに直筆でサインをしておくのがおすすめです。
しかし実際のところ、サインをせずに使っている人は多かったりします。
近年はサインレスで、クレジットカード決済が可能な場所が増えています。
コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど、日常的に使用する店舗でもサインレスに対応しています。
またICチップが搭載されているクレジットカードが増え、暗証番号で決済ができることも多くなりました。
暗証番号の入力をすれば、サインをする必要はありません。
サインをする機会が減っているため、サインなしのクレジットカードを使用するケースが多いのです。

ただサインをしていない状態で、不正使用されると大変なことになります。
クレジットカードには不正使用時の補償がありますが、会員に落ち度がある場合は補償の対象外となってしまいます。
サインをしていないのは会員に落ち度があるとして、被害を受けても補償をしてもらえないでしょう。
すべて自分で被害額を支払わなければならなくなります。
なのでサインをしておくのは、おすすめなのです。

サインをしないと会員の落ち度になるのは、サインをしてないのは不正使用されても良いということになるからです。
クレジットカードを利用したときのサインとクレジットカードのサインを照合して、第三者が使っていないことを証明します。
サインがないのは、本人確認ができないことになります。
サインをしなていないのは、会員が「誰でも使ってください」と言ってると判断されることになります。
それならクレジットカード会社は補償をしませんよ、ということなのです。

クレジットカードにするサインの字体は特に決められていません。
ローマ字でもカタカナでもひらがなでも良いのですが、日本人であれば漢字でするのがおすすめです。
いつも使い慣れていると自体の方が、書きやすいでしょう。
海外で使うことが多いというクレジットカードなら、ローマ字でサインをするのもおすすめです。
ただ日本での決済時もクレジットカードのサイン欄と同じ、ローマ字でサインをするようにしてください。

クレジットカードは使いすぎないように!

クレジットカードの失敗で多いのは、使いすぎてしまうことです。
クレジットカードは後払いとなり、現在現金を持っていない状態でも支払いができます。
後で支払える金額であれば問題ないのですが、人によっては支払えない金額まで使用してしまうことがあるのです。
クレジットカードは計画的に使用するのがおすすめです。

・1か月に支払える金額算出しておく
「クレジットカードを使えるのは○○円まで」と、決めておくのがおすすめです。
クレジットカードをやみくもに使っていると、支払いが大変になりがちです。
自分が1か月で支払える金額を算出しておき、その範囲内で使用するようにしましょう。

・利用限度額を引き下げる
クレジットカードを使うのは、使えるからです。
それなら使えなくしてしまえば、使いすぎを防止することができます。
クレジットカードを使いすぎるなら、利用限度額を引き下げるのがおすすめです。
限度額を10万円にしてしまえば、それ以上使うことはできません。
否が応でも、クレジットカードが使えなくなるのです。
利用限度額の引き下げは、クレジットカード会社に依頼をすれば対応してもらえます。
引き上げるときは審査があり希望通りに行かないこともありますが、引き下げであれば応じてもらえる可能性が高いです。

・クレジットカードの枚数を減らす
クレジットカードを何枚も持っていると、全部使てしまう…ということがあります。
1枚の利用限度額が低くても、何枚もあれば使える総金額は高くなります。
利用限度額が10万円のクレジットカードを5枚持っていれば、50万円まで使えてしまいますからね。
そこでおすすめなのが、クレジットカードの枚数を減らす方法です。
クレジットカードの枚数を減らせば、使える総金額も減らすことができ、使いすぎの防止につながります。
クレジットカード会社に連絡をすれば、解約はカンタンに行えます。
入会時のような審査はありませんので、あっさり解約できることがほとんどです。

・いくら使ったか把握しておく
クレジットカードを使いすぎてしまう人は、現在までいくら使ったのかを把握していないことが多いのです。
現在までいくら使っているのか、あといくら使えるのか、考えながら使用するのがおすすめです。
クレジットカードの利用金額は、利用明細を見れば確認ができます。
またクレジットカードを使用したときに、もらう控えを見ても確認ができます。
適当にしておかず、利用金額を把握しておくのがおすすめです。

暗証番号の管理に注意をする

クレジットカードを使用するさいに、設定するのが暗証番号です。
暗証番号は4桁で、数字をランダムに組み合わせます。
この暗証番号を忘れてしまう人が、かなりの数に上ります。
クレジットカードの暗証番号は、忘れないように管理するのがおすすめです。

・暗証番号が必要になる場面
ICチップでの決済時は、サインではなく暗証番号を入力します。
暗証番号がわからないときはサインでも決済はできますが、暗証番号の方が簡単に決済ができます。
また暗証番号は、キャッシングでも利用します。
ATMなどで4桁の暗証番号を入力しないと、キャッシングをすることはできません。

記憶があやふやな状態で、クレジットカードの暗証番号を入力するのはおすすめしません。
3度間違ってしまうと、ロックされてしまいクレジットカードが使用できなくなるためです。
クレジットカード会社に連絡をしてロックを解除してもらわないとならず、手間がかかってしまいますので注意をするのがおすすめです。

・おすすめの暗証番号
暗証番号は、人に推測されないものにしなければなりません。
生年月日、電話番号、住所の番地といった数字など、他人にわかりやすいものはNGです。
しかしわかりやすいものにしておかないと、自分で忘れてしまう…となりますよね。
人にわかりにくく、自分では忘れにくい。
そんな数字を使用する必要があります。
おすすめなのは、自分以外の人の生年月日です。
親や子供の誕生日なら、自分で忘れることはないでしょう。
他人も身内までの誕生日を調べるのは大変なので、推測されないくくおすすめです。
また最近よく使われているのが、ペットの誕生日です。
大切なペットなら、誕生日を覚えていますよね。
そして好きな芸能人やスポーツ選手などの、生年月日を暗証番号にしている人もいるようです。
これは自分では忘れにくく他人にはわかりにくいので、おすすめ度は高いと言えるでしょう。

・メモるのはダメ!
暗証番号を忘れてしまうからと、メモをクレジットカードと一緒に入れておく人がいます。
これは他人に暗証番号を教えているようなものなので、絶対にやめましょう。
中にはクレジットカードの裏に、暗証番号を記入している人もいるようです。
これは暗証番号をみんなに教えているようなもの。
わかりにくい暗証番号を設定しても意味がなくなってしまいますので、これもやめましょう。
メモをしてもクレジットカードとは、別に保管をするのがおすすめです。

クレジットカードの貸し借りは禁止されている

クレジットカードは名義人しか使うことができません。
家族や親しい間柄だから良いだろう…と貸し借りをする人もいますが、これはおすすめできる行為ではありません。
クレジットカードの貸し借りはやめましょう。

クレジットカードの貸し借りは、クレジットカード会社が禁止をしています。
もし行ってしまうと、規約違反となってしまいます。
注意だけで済めばよいですが、場合によってはクレジットカード会社から利用停止や強制解約の措置を取られることもあります。
「ちょっと貸し借りするくらい良いだろう」と軽く考えてしまう人も多いのですが、クレジットカードの貸し借りはそんなに簡単に済む行為ではないのです。

・貸し借りのトラブル
クレジットカードを貸したら、勝手に高額の買い物をされた!なんてことがある可能性があります。
相手が支払ってくれれば良いですが、全然支払う素振りがない…となるとどうでしょうか。
請求は名義人に行きますので、貸した方が支払いをしなければなりません。
第三者が使った分を、支払っていかなければならなくなるのです。
そんなのバカくさいですよね。

また貸したクレジットカードを紛失された…ということもあるかもしれません。
紛失などによる不正使用時は、通常ですと被害額をクレジットカード会社が負担をしてくれます。
しかし他人に貸したとなると、補償の対象外となってしまいます。
貸し借りというクレジットカードの規約違反を起こしているのですから、当然の措置となるでしょう。

クレジットカードの貸し借りをしても、良いことは全くありません。
借りるのも貸すものしないのがおすすめなのです。

・家族でクレジットカードを使っている
家族だから良いだろう…と、家族名義のクレジットカードを使うケースもあります。
旦那さん名義のクレジットカードを使う奥さん、親名義のクレジットカードを使う子供も、結構な数がいるようです。
しかしこれも、おすすめはできません。
家族だからといって、クレジットカードを貸し借りして良いとはならないためです。
家族にクレジットカードを使わせる場合は、家族カードを発行するのがおすすめです。
家族カードであれば、家族それぞれの名義となるクレジットカードを発行できます。
家族カードは審査がほぼありませんので、審査に落ちるということも少ないです。
ブラックなどの事情でクレジットカード審査に落ちる…という方でも、家族カードなら発行できるのでおすすめです。

クレジットカードの利用控えは受け取るのがおすすめ

クレジットカードを利用すると、お店で利用控えをくれます。
これを「いらない」という人がいます。
控えのレシートをもらうとお財布の中が膨れるし、家計簿をつけてないし、控えをもらっても使わないし…というのが理由のようです。
しかしクレジットカードの利用控えは、必ず受け取るのがおすすめです。

クレジットカードの利用控えを受け取らないことにより、起こり得る不都合があります。

・水増し請求されるかもしれない
クレジットカードでの利用控えをもらわないと、いくら使ったのかの証明ができません。
本当は1,000円しか使っていないのに、お店が10,000円で売り上げを上げる可能性がないとは言えないでしょう。
「こんなに使っていない」と言っても、利用明細がないのでどうにもなりません。
泣き寝入りをするしかない…となってしまうのです。

・不正使用されるかもしれない
クレジットカードの利用控えに、クレジットカードの番号や名義人が記載されています。
現在は不正使用防止のためにクレジットカードの番号は、一部しか表記されないことが多くなりました。
それでもまだ全部の番号が、表記されてしまうお店もあるといいます。
その場合利用控えを見た人が、クレジットカードを不正使用する…という可能性がでてきてしまいます。

・間違いがあるかもしれない
クレジットカードの利用金額を、間違って請求してしまうことがあります。
利用控えがないと、多く請求されても確認することができません。
利用控えがあれば訂正をしてもらえますが、ないのでそれもできないでしょう。

・返品ができない
購入したけれどやっぱり必要ない、間違って購入してしまった…。
そんなことが起こっても、クレジットカードの利用控えがないと返品をしてもらえないことがほとんどです。

クレジットカードの利用控えをもらわないと、実際より多く支払うハメになることがあります。
使わないと思っても、受け取って保管しておくのがおすすめです。
クレジットカードの利用控えは、クレジットカードの請求がきて支払いをしてしまえば、処分をしてもかまわないでしょう。
支払いが完了するまで、持っているのがおすすめです。

レシートやクレジットカードの利用控えをもらわない人は、お金にルーズということが多いそうです。
クレジットカードを使いすぎて後で後悔するようなタイプと言えるでしょう。
クレジットカードを正しく使うためにも、利用控えは受けとり保管しておくのがおすすめと言えそうです。